FC2ブログ
http://caninae.blog.fc2.com/
admin  

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

feli

Author:feli
400株弱の薔薇とその他植物
ボストンテリア&パピヨン
世話に追われながら暮らす日々

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

Topへ戻る

2019.05.25/ 23:50(Sat)
ウチのあたりは正午を過ぎると、気温が上がる。
で、今日の最高気温は33℃強。

DSC_3048.jpg

室温はといえば、こんなもん。
約29℃。
クーラーなしでも、
ヒトはなんとか、わんずにも耐えられる暑さ。

DSC09730.jpg

湿気がない、からっとした暑さだから、まだ平気。

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
2019.05.24/ 23:43(Fri)
DSC_3035.jpg

早く起きた朝。
サツマイモ(鳴門金時)の苗を植え付けて、
今日の作業の算段に薔薇畑を見回っていると、
葡萄の花の香りがプンと漂ってきた。

DSC_30421.jpg

ヤバい、咲いてる。(;゜0゜)
薔薇どころじゃない。
ってんで、ブラックオリンピアの房作りをすることに。

そういえば、葡萄の花ってどんなの?
時々、尋ねられるのだけど、こんなです。(^^;)

花で昆虫を惹きつけるでなく、
実を鳥に食べさせて殖える戦略の植物ゆえ、
花のみてくれなんぞお構いなし。

DSC_3042.jpg

とはいえ、昆虫に受粉してもらう必要もあり、
言葉でどう表わせば良いのか、
芳香でもないのだけれど、香りは強い。
クマンバチが受粉に飛び交う中、
大房系の葡萄は種なしにするため、
ジベレリン処理をする前段階、
先端の3~5センチを残して房を作る。
葡萄の枝は通常一枝に4つ芽をつけるが、
デラウェアは2芽、大房系は1芽だけを残す。

DSC09724.jpg

何日かかることやら、案じていたけれど、
畑の借地人の方が腰を痛めて、
(祖母が使っていた四点杖を差し上げた)
助っ人さんが来てくれたので、
私の分にも手を貸してもらえて、3日で済んだという。m(_ _"m)
ひとりでやってたら、4~5日。

やれることは手伝うから、
遠慮なく声を掛けてくれるようにお願いした。
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: ガーデニング
2019.05.21/ 07:35(Tue)
195191.jpg

画像は昨日撮影。

地区の安協のお勤め。
交通安全運動の間、
担当日の朝夕1時間、交差点に立つ。
わんずの散歩の所要時間を読み間違えて、5分遅刻。(^^;)

ガリカ実生 (3)

薔薇畑で見つけて、ポット上げしてから数年。
放置に枯れることもなく、花をつけることもなく、
さすがに感じ入って、鉢に植え替えて2年、
花を咲かせたガリカの実生と思われる個体。

このところは薔薇仕事に励む日々。
薔薇の相手がやすらぐ時間に戻った。
すべてを庭に移せるわけではないから、
選んで、準備も始めなければならないけれど。
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: つれづれ
2019.05.18/ 23:54(Sat)
DSC_0001.jpg

スマホのカメラ機能、エフェクト、万華鏡を試してみた。
パピヨンとボストンの毛質の違いが
面白い効果を生んでいて、しばし興じる。

DSC_0004.jpg

台形はカーペットの上のアルミマット。

DSC_0005.jpg

なにがどうなっちゃったのだろう???

DSC_0007.jpg

ポワロ尽くし。

ごちゃごちゃは私の頭の中、気持ちの反映かいな。(^^;) 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: photo
2019.05.17/ 23:03(Fri)
本日、終の棲家のリフォーム初打合せ。

奇遇なことには、先方の愛犬もボストンテリア(♀3歳)。

決断したはずのことに
選択の余地がゴロゴロと現れてくるのは、
迷いの有無を試されているのかな。

DSC_3015.jpg

合理的に判断することが最適と思われるけれど。

建てても、長くは住まない、おそらく。
後に住まう者がおらず、
再び壊すことになるのなら、リフォームで済ませる。

DSC_3018.jpg

のんびりと庭仕事、針仕事、わんずと余生を愉しむさ。(^^)v 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category:
 
 
Copyright © 2019 薔薇とイヌと, all rights reserved.