fc2ブログ
http://caninae.blog.fc2.com/
admin  

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

feli

Author:feli
薔薇とその他植物
ボストンテリア&パピヨン
世話に追われながら暮らす日々

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

Topへ戻る

2024.04.11/ 22:01(Thu)
DSC08788_20240412113806223.jpg

4月10日朝。
夜はそれぞれのケージで寝ている。
けども、そんな狭いところに無理やり一緒にいなくても良くない?
ヒトは思うのだった。

DSC_8375.jpg

茜が自生しているとの土手道にて。

DSC_8377.jpg

咲いていたヤマブキの花を背景にわんずを撮影。
アケビの花も咲いていたりして、浮かれたか、
家の鍵を落としてしまい、引き返して探す羽目になった。
エラさん、ポワさん、_(_^_)_

DSC08804_20240412113808214.jpg

栗染めのニット地をオフタートルのプルオーバーに。
去年縫ったパターンに手を入れて、自分好みに改悪。

DSC08805_20240412113811bd2.jpg

栗はリピート必須な染料素材のひとつ。

DSC08809.jpg

パターンのどこをどう弄ったか。
上側の生地がオリジナルのパターンで縫ったもの。

袖丈を長くしたくて、肩と脇をドルマンスリーブに。
肘が隠れるくらいの袖丈が望ましいので、これではやや短い。
袖口布の幅で調節すれば良いか。

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 手遊び
2024.04.09/ 23:37(Tue)
DSC08794.jpg

朝の庭で目に入った青いもの。
フラックスの花が開いていた。
あちこちに株が殖えて、白花が咲いてくれないものだろうか。

DSC08782.jpg

クヌギの殻斗で染めた綿ニット地は起毛素材なため、長袖。
幸い、今年はまだ出番がありそう。
先に縫った藍染めと同じパターンで、袖の丈と幅とをアレンジ。

DSC08783.jpg

今回はスリットが左脇。(^^;)

DSC08780_20240412113800b28.jpg

朝晩はまだ寄り添って過ごしているエラさん、ポワさん。
 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 手遊び
2024.04.08/ 16:19(Mon)
DSC_8351.jpg

2月24日にタデアイの乾燥葉を化学建てして染めた綿ニット地。
畳んでいた線に褪せが現れたり、色ムラが生じていたり、(+o+)

作るのならば、夏場に着ていて楽なニットワンピース。

DSC_8362.jpg

金曜日、裁った生地をボデイに載せて、雰囲気を確認。
秋にクルミ染めのニット地で作った、
タートルネックのプルオーバーの衿、袖、丈をアレンジ。

DSC08742_20240408161913c49.jpg

縹色。
ややコクーンシルエット。

DSC08744.jpg

糸染め、ヘアマニキュア、地区の春祭りがあったりで、
集中力を欠いてしまったらしく、
左側に入れるはずのスリットがなぜか右側。
裾の伸縮縫いを解く過程で生地を破ってしまい、
丈が短くなるわ、あうーうぅ。(;_;)

DSC08746.jpg

余った生地はエラさん、ポワさんのタンクトップ。
リブ処理に難あり。(~_~;)

DSC08750.jpg

エラさんの不満顔に、ご機嫌取りを準備。

DSC08763.jpg

視線の先は鹿ジャーキー。

ニット地あと4枚だっけ? 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 手遊び
2024.04.06/ 23:13(Sat)
実桃の枝染めでピンク色は出せたけれども、
また違う先生のやり方を学びに。

DSC_8363.jpg

今日は3人、被染物はすべて糸。
左側から絹、麻3かせ、絹、羊毛。

染液は沸騰させずに中火から弱火で20分煮出して1番液を取り、
水の量を半分にして2番液を煎じる。

1番液の中でゆっくりと30分ほど染めていく。

DSC_8364.jpg

媒染は灰汁。
これは私がお願いした麻糸で、
先生が呉汁処理してくれたもの。

DSC_8365.jpg

絹と羊毛。
30分ほど媒染して、水洗い。

DSC_8366.jpg

2番液を足した染液の中に戻して、弱火で30分。
この段階では麻はほんのりピンク色。
絹と羊毛は黄みが強い色合い。

DSC_8369.jpg

お昼休みに桃畑の散策。
白鳳の花。

DSC_8368.jpg

こちらは日川白鳳の花。
白鳳の枝変わり品種なので、花はそんなに違わないかも。

DSC08748.jpg

麻糸は1かせだけ鉄媒染。
先生の想定していた桜鼠色よりも濃くなってしまった。
朝の光線。

DSC08770.jpg

昼の光線。

DSC08771.jpg

真ん中が私の染めた実桃の綿糸。
ほぼ同じ色。
やや黄みが強いかな。
先生の染め方はクリアな色合い。
下側は桜で染めた綿糸。

DSC08774.jpg

先に紡いだ和綿と羊毛。

今日染めた羊毛は自分で紡いだものを持参されて、
先生も驚くほど筋が良くて、紡ぎ車を買われたそう。

初めて紡いだ羊毛はもう2度とはできないので、
大事にしてくださいと先生に続いて、また言われた。

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 手遊び
2024.04.05/ 22:33(Fri)
ようやく染めた生地を片付けられると、
ニット地を取り出してみれば、
春夏向きの薄手の色生地が2枚。

その1枚が黒のリブニット地、綿95%、ポリウレタン5%。
W幅×150センチ。
羽織もの用に購入したものだろう。

DSC_8347.jpg

ニットカーディガンの型紙を使って、
その生地から取れる最長の丈で作る。

DSC_8348.jpg

まずは1枚片付いた。

DSC_8355.jpg

去年より花数が増えたアネモネ。
我が家では紫の花しか咲かないと話したら、
アジサイと同様に土の酸度で花色が変わるとか。(・・?
聞いたことがない説。(◎_◎;)

DSC08735.jpg

エラさんは4月下旬に12歳。

DSC08738_20240408143424ce0.jpg

ポワさんは5月中旬に11歳。

 
編集[管理者用]  Trackback(0)  Comment(0)
Category: 手遊び
 
 
Copyright © 2024 薔薇とイヌと, all rights reserved.